fc2ブログ

University Ao Meu Redor

曲名 Universo Ao Meu Redor
邦題 私のまわりの宇宙
作曲・作曲 Marisa Monte

昨日のライブで印象的だった曲。
ミュージシャンならみんな頷いてしまうような歌詞、とのこと。

ライブなどで歌詞調べをしたことがない曲に出会うと、
その場で歌詞を聞き取りながらネットで検索して
おおざっぱでも歌詞に目を通すようにしています。
今回は演奏者が「私の周りの宇宙」という邦題を言ったので、
そこからポル語を想像して検索キーに入れたのがこれ
universo alrededor de mi Marisa Monte
検索で即ヒットしたのが
universo ao meu redor
私が書いたのはもろスペイン語。
alrededorってスペイン語的な表現なのねー
頭にalがつくけど、アラビア語起源というわけではないよね?

というわけで語源が載ってる西和時点でalrededorを調べてみると、
 古スペイン語 al + derredor (de + redor [周囲])
というわけで、ポル語のredorと同じ単語に行きつきました。
面白いですね~
ちなみに現代スペイン語にはredorという単語は残っておりません。

古スペイン語というのは10世紀から16世紀頃のスペイン語を差し、
歴史的にはウマイヤ朝の支配からレコンキスタを経て大航海時代へといったところ。
ポルトガル王国の成立は12世紀なので、
古スペイン語時代の前半はポルトガルとスペインが明瞭に区別されていなかったということでしょうか。
その後、ポルトガルが成立しポルトガル語となり、
スペインはスペイン語として言語を発展させ今に至る中で、
ポル語では原型をとどめ、スぺ語では語を変化させた。

古代から各時代の中国語が日本に輸入され、
その都度その時の発音が日本語に適用されたため
一つの感じでも様々な音が残っています。
逆を言えば、日本人にとって借用語である漢語は
(中国本国では変化を続けたものの)日本では変化することなく
元の形をとどめ続けた。
その考えを適用するなら、
redorはポル語にとっては借用語的な単語だから当時からの姿を変えておらず
スぺ語にとっては自分の単語なので、形も変わり放題だった。。。んですかね?

歌詞の解説ではなく、言語史に飛んでしまいましたが、
やっぱり私は言語のことを考えてるとワクワクします。
たまーに触るSQLがうまいこと実行できた時も達成感(笑)

あ、歌の解説は、参考サイト一覧をご参照ください。




Universo Ao Meu Redor

Tarde, já de manhã cedinho
Quando a nevoa toma conta da cidade
Quem pega no violão
Sou eu, sou eu
Pra cantar a novidade

Quantas lágrimas de orvalho na roseira
Todo mundo tem um canto de tristeza

Graças a Deus, um passarinho
Vem me acompanhar
Cantando bem baixinho
E eu já não me sinto só
Tão só, tão só
Com o universo ao meu redor




私のまわりの宇宙

夜が更け もう早朝といえる頃
霧が街を包み込むとき
ギターを手にするのは誰?
私!私!
あたしいことを歌うのよ

バラの木の露に いくつもの涙が流れる
誰しも 何らかの悲しみの歌を持っている

神のおかげで 
小鳥が私のそばに来てくれた
とっても小さな声で歌いながら
私ももう寂しくなんかない
こんなにひとりだけど こんなにひとりだけど
私のまわりには宇宙が広がってる

******

cedinho = 非常に早く、朝早く
nevoa = 霧、もや、霞、あいまいさ、不明瞭
 ter nevoas nos olhos = よく見えない、理解できない
pega no = 掴む、取る、握る
novidade = 新しさ、新奇さ、独創性、新事実、新製品、ニュース、騒ぎ、障害
 cheio da novidade = 気取った、もったいぶった
 sem novidade = 変わったこともなく、無事に
orvalho = 露、夜露、霧雨、しずく、心の安らぎを与えるもの
roseira = バラの木
Graças a = …のおかげで、
 gracas a Deus = 紙のおめぐに身によって、おかげさまで、幸いにも
passarinho = 小鳥、赤や黄色の花を付ける野生の木
 morrir como un passarinho = 安らかに死ぬ
 ver passarinho verde = 理由もなく楽しそうである
baixinho = とても小さい声で、こっそりと
redor = 周囲、周辺、近辺

******

あれ?ライブの時のMCで聞いた解説となんか違う…
なんかもっとギター持って歌うと音楽仲間が寄ってくるみたいな印象を受けたんだけど、
私が訳し間違えてるのかなあ?

歌詞の初めのtardeはどんな意味なんだろう。。。?
一般的な意味は「夕方」「遅い」辺りだけど、
直後に「朝非常に早く」という言葉が続いてると
どちらもピンとこない。
というわけで誤訳を承知で
寝られずに夜を明かしてしまったシチュエーションにしてみました。。。
暁の頃、あさぼらけの手前。小夜更けての頃。
そう思うと、古典に似たような歌がありそうですね。




コード進行参考
Cifra Club

参考ページ
Don't trust under 30.
Marisa Monteの生い立ちや収録アルバムの紹介など
 東大スペイン語史講義資料
 上田博人先生のスペイン語史講義資料。また大学生に戻りたいし、いろんな講義を受けたい♪



アルバム収録曲全曲
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する